Route2x4x6

05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07

このページの記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 *  TB: --  *  CM: --  * top △ 

浮かれてしまうことも・・・たまにはあるさ。 

smile3.jpg
お手軽ドレスアップの定番、リムストライプ。
先々代のニンジャ250R、先代のデイトナ675にも漏れなく貼ってきた
リムストライプ。当然、今度のグラディウスにも貼ることにしました。
IMG_1621.jpg
ホイールが黒いから、なおさら貼りたくなるのよね。


今までは白ばっかり貼ってきましたが・・・グラディウスには少し
金属感を演出したいので、今回はミラーシルバーを選択。
MDF(Miyake Design Factory)のリムストライプセットです。
デイトナ675の時にもこのメーカーの白を貼ったので、貼付け用
ガイドゲージも引っ張り出してきて再利用です。
IMG_1619.jpg
マネしたわけじゃないのよ、コンちゃん。ちゃんとゲージ使ってるでしょ(笑)


このガイドゲージの穴にストライプを通し、ホイールの
ドラム部分にゲージを滑らせながら貼ることで、ほぼ真円に
貼ることが出来るスグレモノです。これは本当に便利です。
IMG_1620.jpg


sad1.jpg
さくっと貼り終えはしたんですが・・・ちょっとイヤな不安がよぎりました。
今まで貼ってきたソリッドカラーのストライプに比べ、このミラー調の
材料・・・硬いんですよね。セロハンテープを2~3枚重ねたような
強いコシがあって、重ね合わせ部分もすでにちょっと浮き気味。
IMG_1625.jpg
浮き上がり部分にさわるとパリパリっと音がするくらい、馴染みが悪いんです。


さらに悪いことに、ストライプがリムの立ち上がりに
かかるような曲面部分に来ちゃっているので・・・正直、
「こりゃ、剥がれるかな?」という不安が拭えませんでした。
IMG_1623.jpg


いわゆる塩化ビニール系で出来たソリッドカラーのカッティング
シートに比べ、ミラー調のステッカー材は曲面へ馴染みにくい物が多く・・・
いや、tezさんもステッカー関係の仕事をしているもので、
そのへんは重々承知していたハズだったんですが・・・


sad_3.jpg
数日後、やっぱり浮き上がりが発生しました。
DSC_0062.jpg
熱膨張も関係しているのかな? 貼ったのが寒い日だったし・・・


こうなると再粘着は見込めないので、残念ながらこれは廃棄。全て剥がしました。
とりあえず対策を考えてまたやり直そうと思います。曲面に貼れるタイプの
金属調シートも入手できそうだから・・・そのうち自作してみようかな?
_MG_7455.jpg



smile1.jpg
気を取り直して、今度はヘッドライトバルブ交換を敢行。
まずはライト横の樹脂パネルを外します。6角ボルト1本で外れます。
IMG_1613.jpg


次にヘッドライトユニットを固定しているボルトを左右外します。
IMG_1612.jpg
これって、外すと光軸は・・・・・・・・・まぁ、いいか。


これでユニットが前にお辞儀するので、あとはセオリー通り。
IMG_1607.jpg


コネクター、防水ゴムを外してバルブ交換。
カウル付きのバイクに比べ、かなり楽です。バルブも1本だし。
IMG_1608_20130220213441.jpg
IMG_1609.jpg


ついでなので、ポジション球も交換することに。
このゴムベースをユニットから引っぱり外します。
IMG_1610.jpg
配線を引っぱっちゃダメよ。


ウェッジ球なので、バルブを引っこ抜くだけで交換できます。
IMG_1611.jpg


ハイ、こんな感じ。ちょっと蒼っぽい光になりました。
_MG_7404.jpg
いやぁ、この作業は楽だったなぁ・・・ネイキッド万歳!!

スポンサーサイト

テーマ:バイク

ジャンル:車・バイク

2@Gladius400 *  TB: 0  *  CM: --  * top △ 

トラックバック

トラックバックURL
→http://246tez1979.blog9.fc2.com/tb.php/321-bdbe5fa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。